福島正伸氏による『究極のコンサルタント養成講座』in京都

主催者あいさつ

高坂尚平

経営者やコンサルタントは、多くの人と感動に出会える、素晴らしい仕事です。しかし、顧客や部下に成果を出してもらう難しさで、日々、悩まれる方も少なくありません。

この講座を受講して頂ければ、あなたの理想とする経営者やコンサルタントの姿が明確になり、 実務で成果を挙げる、たくさんのヒントが得られることでしょう。
何より、連続受講することで志を同じくする仲間ができ、一緒に成長していくことができます。
そして、一人一人の経営者やコンサルタントが、目の前の顧客や部下、仲間に勇気を与えることで、日本全体が元気になります。

すべての人が自分の夢にチャレンジし、自分や他人にあきらめない世の中を創るために、最も大切なのは、あなたのような「人をやる気にさせる人を育成する人」の存在です。

人が支えあう世界のために、ぜひ、一緒に頑張りましょう。
福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」を、ぜひ、楽しんで学んでくださいね。

株式会社La Himawari
代表取締役社長 髙坂尚平

「人が自分や他人にあきらめない世の中にする」

私は、新卒で東京にあるコンサルティングファームに入社しました。
最初の半年は勢いでやっていけたのですが、半年後以降に中々結果が出ない期間が続きました。

そして、その内「会社が悪い」「上司の指導が悪い」「社長の方針がぶれるから」、、、
どんどん自分の中で他人のせいにして‘できない言いわけ’が出てきました。

そして、売上目標を達成するために同期の中でも案件の取り合いが始まり、
同期が辞めると「よし、これで自分に案件が回ってくる」と喜ぶようになりました。
そんな状態の時に、良い結果が出る訳ありません。
そこには、いつの間にか自分のことを大嫌いになっている自分がいました。

私が福島正伸先生に出会ったのはそんな時でした。

先輩から、「俺行けないから変わりにこの講座行ってこいよ。」そう言われ行ったのが、 4年前に東京で行われた超人気コンサルタント養成講座でした。

福島さんの講座のたくさんの教えの中で、その時の私がひっかかったのは2つでした。

一つは、「人生は全て自分で決めている。今起こってることは全て自分ごと。だから人生楽しい!」ということ。

もう一つが、「クライアントを感動させ‘あなたにお願いしたい’と言ってもらえる方法」でした。

自分の売上げが上がらないことを、私は上司や社長が会社のせいにしていたのです。 「自分一度きりの人生、自分で何とかしよう、楽しもう。」ということをあきらめてしまっていたのです。 とても恥ずかしくなりました。「まだ何もしてないのに、自分は人のせいにばっかりして生きていた」そう思いました。

そして、それから会社での自分の行動がどんどん変わっていきました。 「人のせいにして自分からは何もしてこなかった。とにかく自分からできることをやってみよう」そう思いました。 そこで、バカみたいな話しかもしれませんが、自分のできる範囲で一番変わったのは、上司や先輩と「飲みにいく回数」でした。

それまでは、月1回だったのに、週4回くらいになっていきました。 そして、私が開く飲み会は前向きに会社の未来を語る会なので「夢会」と名づけられました。 それまで私は人のせいにばかりしていたので、ほとんどの社員と話をしていませんでした。 でも、「今日、飲みに行きましょうよ」と、どんどん色んな社員を誘っていくことにしました。 最初は「高坂に関わるのはめんどくさい」と思っていたであろう社員も、「皆が行くなら」と来てくれる人が増えていきました。

そんなことを続けていくと、何故か仕事が舞い込んでくるようになり、売上げもどんどん上がり、ついにコンサルティング営業の全国トップになりました。

そして、3年目になる4月、辞令がありました。 それは、「プロジェクトリーダー兼ドリームメーカー」という役職でした。 社長が、「お前はいつも皆とバカみたいに飲みに行き、会社の夢を語ってくれている。本当にありがとう。」

リーダーになったことよりトップで表彰されたことより、ドリームメーカーという役職を頂いたことが本当に嬉しかったです。 まだまだ人に迷惑かけてばかりですが、少しは成長できたかもしれない。 社会人で初めてそう思うことができました。まだまだまだですが、、、。 でも、あの時、辞めずにやり続けて本当に良かったと言いきれます。

講座後も、講座で出会った仲間達と勉強会を開いたり、飲みに行ったり、感動創造企業に見学しに行ったりする中で「習慣に流されない自分」を取り戻していきました。また、そうしたつながりから今では実際にお客様の紹介などもいただいています。

今回参加される皆様にも、この本講座が「何かのきっかけ」になれば本当に嬉しく思います。そこに対して、できる限りのことは何でもやっていきたいと思います。